多種多様なごみ情報

ごみのにおいをカンタンに消臭!意外と身近な多孔質を使った対策とは

意外と身近な多孔質を使った対策
夏場の生ゴミや使用後のオムツといった、においの出やすいごみに悩まされていませんか。とくに肉や魚、果物など異臭が出やすい生ゴミは、次の収集日まで待てないくらいにおいが気になることも。消臭剤を使ったり、重曹をふりかけたりと、においを抑える方法はいくつもありますが、なかでももっと手軽に、低コストでできる対策をご紹介します。

ごみのにおいをカンタンに封じ込めてくれるもの、それは使い終わったコーヒーの粉。コーヒーを抽出したあとにかならず出る、コーヒー豆のカスです。
じつは焙煎されたコーヒー豆は、たくさんの穴が空いた「多孔質構造」を持っています。この多孔質構造に、気になる臭いを脱臭・消臭する効果があることがわかっているのです。


コーヒーを飲みつつ消臭にも役立てられる

ふつうならそのまま水分を切って捨ててしまう「ごみ」になってしまうところ、コーヒーを飲みつつ消臭にも役立てられるなんて、うれしいですよね。とくに使い終わってすぐのコーヒーかすなら水分を含んでいるため、より高い消臭効果があるとの検査結果もあり一挙両得な方法なんです。

このコーヒーかすによる消臭には、天日干しやフライパンなどで完全に水分を飛ばしてから、小袋に入れて靴の消臭に使ったり、においがこもりやすい冷蔵庫の脱臭に使ったりと、乾燥させて長く使う方法もあります。ただ生ゴミやオムツなどのにおいが強めのゴミの消臭なら、やはりコーヒーかすが湿った状態のまま、一緒にゴミ袋に入れてしまうのがおすすめです。

同じく多孔質構造で高い消臭効果を持つのが竹炭です。
竹炭のメリットは、洗って乾かすことで長く使えること。靴箱や冷蔵庫にはとても向いていますが、ゴミと一緒に捨ててしまうのはもったいないので、においの強いゴミの封じ込めに使うならコーヒーかすが向いていると言えます。洗ったり乾かしたりする手間もないので、気軽なのもうれしいポイントですよね。
多孔質であるコーヒーの粉を使った消臭方法、ぜひやってみてください。