多種多様なごみ情報

4R運動とはごみを廃棄するのではなく資源にするための活動

4R運動とはごみを廃棄するのではなく資源にするための活動 世界における社会問題の一つにあげられるのが、使われなくなった物が廃棄されずに残るごみ問題です。ごみ問題は街の景観を損ねるだけでなく、ビニール袋などごみの種類によっては環境汚染の原因となってしまいます。未来の子孫にきれいな自然環境を残したいという考えから、世界規模で取り組みとして広がっているのが「4R運動」です。

この4R運動は環境保全活動として提唱されていた3R運動に、もうひとつのごみを減らす要素を加えた新しい運動になります。

まず3R運動とは、リデュースとリユースそしてリサイクルの頭文字をとった活動です。

リデュースは減らすを意味する英語であり、洗剤やシャンプーなどは詰め替え商品を買ったり冷蔵庫の中の食品を食べられるうちに食べきるなど家庭から出るごみの捨てる量を減らします。

リユースは繰り返すという英語であり、修理すればまだ使える商品を再利用するもしくはリサイクルショップやフリーマーケットを利用して不要になったものを他の人に譲ることで限界まで使い切ることを目的にしています。最後にリサイクルは再利用を意味する言葉であり、例えば着物の生地を切ってミシンなどで織ることでハンカチや風呂敷にするなどまだ使える物を別の価値に生まれ変わらせる活動です。

この3R運動はごみ問題を解決する方法の一つとして提唱され、各国が率先して取り組むことでごみの量を減らすことに成功しています。

ただ3R運動によるごみの減少数は横ばいになっており、その理由として外出先で食事をするときに割りばしやスプーンを使ったり、買い物をする際に持ち運びに便利だからとレジ袋をもらってしまうことが挙げられています。

そこで3R運動の活動に、もう一つ加えられたのが断るを意味するリフューズです。この活動はサービスとして提供してもらうと確かに便利だが、一度使った後は捨てられてしまうものをごみ削減のために断るという活動になります。

例えば割りばしやスプーンをもらうのではなく、持ち運び可能な食器セットを持参して使い捨ての割りばしやスプーンを使わないようにします。そのほかにも買い物をする際には、マイバッグや風呂敷を所持しレジ袋をもらわないようにすることで資源を守るのがリフューズの目的になります。