多種多様なごみ情報

野菜の皮を捨てる前に出汁を取るのがごみの削減に繋がる理由

野菜の皮を捨てる前に出汁を取るのがごみの削減に繋がる理由 家庭から排出される生ごみのうち、野菜くずは約半分を占めているとされています。自炊をする世帯は特に野菜くずの割合が多く、料理の際に皮をむくことでごみの量が多くなるのです。

そのまま捨ててしまうとごみが増えるだけではなく、焼却処分の手間もかかります。水分を多く含む野菜くずは燃やすのに多くの熱量が必要になるためです。
処分場の焼却施設に負担がかかる他、燃料も余計に消費してしまいます。一つの世帯から出るごみは微量ですが、そのごみが幾つも集まれば膨大な量になる事実は否定できません。そのため、一人一人がごみを減らすように心がけることが重要と言えるでしょう。野菜くずのうち、皮は出汁を取ることで効果的に消費することができます。

ほとんどの野菜は皮に近い部分ほど多くの栄養が含まれています。中には皮だけに含まれている栄養もあるため、むいた皮をそのまま捨てるのは非常にもったいない行為と言えるでしょう。しかし、野菜の皮は特有の苦みやえぐみがあるので食用には向かないのも事実です。そのため、そのまま食べるのではなく、出汁を取るのが効果的な使い方になります。

出汁には野菜特有の風味がある他、栄養も含まれているのでむいた皮が無駄になりません。料理の味も深みが増し、より美味しく食べることができます。毎日の食事が楽しくなるメリットは非常に大きく、前向きな考え方を持つようになる効果も期待できるでしょう。

野菜の皮で出汁を取るのがごみの削減になる理由として容積の減少があります。出汁を取る際は時間をかけて煮込むことが多く、加熱によって皮に含まれている水分が抜けてしまうのです。

野菜の皮の細胞は多くの水分が含まれているので、出汁を取った後の皮は縮んだ状態になります。容積が減少することでごみの量も減り、処分する際の手間も軽減されるのです。
風味や栄養を無駄にせず、家庭ごみの削減にも繋がる野菜の皮からの出汁取りは誰にでもできるエコ活動と言っても過言ではありません。